双日ツーリスト株式会社双日ツーリスト株式会社

閉じる

国または地域

入国制限の詳細
アラブ首長国連邦
United Arab Emirates
【入国制限】
https://townwifi.com/aftercorona/country/?code=13

【ビザ】

●(2021.9.5現在)2021年9月5日(日)からはワクチンを接種した観光客がアブダビ首長国に来る場合は自主隔離の必要はありません。予防接種を受けた訪問者は、渡航前に連邦身分・市民権局(ICA)のウェブサイトまたはアプリで予防接種証明書を確認する必要があります。搭乗前に、出発から48時間以内に受けたPCR検査の結果が陰性であることを提示する必要があります。詳細については、現地日本大使館関連HPをご参照下さい。https://www.uae.emb-japan.go.jp/Covid-19/ConsularE-mail20210905.pdf

●(2021,09,01)アブダビ政府が認定するグリーン国リストに日本が追加されました。この措置によって9月1日以降、日本からアブダビへ入国した場合はリストバンドの装着及び自主隔離が免除となります。詳しくは次のリンク先をご参照下さい。https://www.uae.emb-japan.go.jp/Covid-19/ConsularE-mail20210831.pdf
●5/6付、海外からドバイへの入国、トランジットの際の諸手続きについて、在ドバイ日本国総領事館宛てにお問い合わせいただく内容をQ&A 形式で掲載しました(次のリンクから確認下さい。)。  https://www.dubai.uae.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00012.html 在アラブ首長国連邦日本大使館より(4/26付)
●各首長国への入国情報及び首長国間の移動制限に関する情報及び入国条件(出発前のPCR検査受検・保険加入等)は、都度最新情報を確認する必要があります。


【航空会社の運行状況】

中東・アフリカの運行状況

カタール
Qatar
【入国制限】
https://townwifi.com/aftercorona/country/?code=59

【ビザ】

●(2021.10.3発表情報)10月6日からカタール保健省が発表したカタールへの新たな入国・再入国方針が適用され、
新型コロナウイルス国別危険度において、日本はこれまでの「レッド国」から、危険度の低い「グリーン国」に指定されております。
・非在留者は、Ehterazウェブサイト(www.ehteraz.gov.qa)を通じて渡航の3日前までに登録をし、必要な公式書類のアップロードが必要。・上記同登録等を終えた者には「渡航許可」が発行され、同許可はカタール便の搭乗時に職員に対する提示や入国時に入国審査官への提示が必要。
・カタール国籍者及び在留者は、事前登録が任意であるが、カタール到着時に入国手続きを円滑に行うためすべての入国者に事前登録を推奨。
・カタールに入国・再入国する渡航者は、各港到着時にスマートフォンにEhterazアプリケーションをインストールの上起動が必要。
・すべての搭乗者は、カタールに到着する前にUndertaking and Acknowledgement Form
https://covid19.moph.gov.qa/EN/Documents/PDFs/Declaration-Acknowledgement-Undertaking-Form-V6-English-SG.pdf
に署名。こちらのフォームは、カタール保健省ホームページ、EHTERAZウェブサイト(www.ehteraz.gov.qa
及び航空会社のオンライン予約フォームにて入手可能。ただしワクチン接種完了者のカタール国籍者及び在留者で、
グリーンリスト国からカタールに入国される場合は免除。
・渡航者はカタール到着の72時間前に、地元保健当局に承認された医療機関にて新型コロナウイルスPCR検査の受検が必要。
・渡航者は、渡航目的国で適用される隔離手続・期間・新型コロナウイルス陰性証明書の必要性について把握しておく事。
・自宅隔離の場合で、自宅が隔離要件を満たさない場合渡航者は、渡航前にカタール航空のウェブサイト
「Discovery Qatar」に掲載されている隔離ホテルパッケージを予約が必要。
上記詳細については、次の現地日本大使館サイトをご参照下さい。https://www.qa.emb-japan.go.jp/files/100242810.pdf


【航空会社の運行状況】

中東・アフリカの運行状況

クウェート
Kuwait
【入国制限】
https://townwifi.com/aftercorona/country/?code=73

【ビザ】

●2021年8月1日から、クウェート政府が承認した新型コロナウイルスのワクチン接種を完了(必要な接種回数を終えること)した外国人の入国が許可されています。詳細については、次の外務省HPをご参照下さい。

https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=114063   
 また、入国に際し事前にWebサイト「kuwait Mosafer」上の登録・アプリ「Shlonik」のダウンロード及び登録が必要です。コロナ陰性証明の事前取得等、入国に関する最新情報は 都度ご確認下さい。クウェート航空HPに掲載の関連情報:https://www.kuwaitairways.com/en/information/usefulinfo/Pages/Covid19-Safety-Information.aspx

●クウェート民間航空総局は、2月21日から、指定国からの入国者に14日間の施設検疫、その他の国からの入国者に7日間の施設検疫及び7日間の自宅検疫を課すことにより、
外国人の入国を認める旨発表しました。なお、フライト予約を行う際には、

事前に「Kuwait mosafer」で検疫施設(ホテル)を予約・登録を行う必要があります。    https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=107134     

 


【航空会社の運行状況】

中東・アフリカの運行状況

サウジアラビア
Saudi Arabia
【入国制限】
https://townwifi.com/aftercorona/country/?code=88

【ビザ】

●(2021,11.29現在)渡航・入国関係について最新情報を発表。詳細は在サウジアラビア日本国大使館HPを参照:https://www.ksa.emb-japan.go.jp/files/100265174.pdf

●(2021.09.17)サウジ民間航空総局(GACA)は、入国が許可されている国からの入国者に適用される指定隔離施設での隔離について、その期間等の変更を発表。本件は、2021年9月23日正午から適用される。
1 指定隔離施設での隔離に関する期間等の変更
(1)一部の例外(※以下A及びB)を除き、入国後は、5日間の指定隔離施設で隔離。(入国後24時間以内及び5日目にPCR検査受検し、結果が陰性であれば外出可。また、検査予約等はタワッカルナー・アプリで管理。)
 A)サウジ国民又は居住者(滞在許可証(イカーマ)所持者):タワッカルナー・アプリで「Immune」を提示できる者(現時点では、1回目のワクチン接種から14日が経過している者は、Muqeemや保健省のサイト上で免疫保持者としては登録出来ない事例あり)
 B非居住者(イカーマを所持していない者)又は初回入国者:サウジが承認したワクチンを全て接種してから14日が経過しており、保健省の指定要件に従った証明書を提示する者
(2) 免疫保持者の親族と入国する18歳未満のワクチン未接種の扶養家族は、5日間の自宅隔離が可能。8歳以上の家族は、5日目にPCR検査を受検。
(3) 18歳以上のワクチン未接種の扶養家族は、指定隔離施設での隔離が必要。
(4) ワクチン未接種者でコロナ感染回復後の入国者は、指定隔離施設での隔離の免除不可。
2 居住者は隔離終了後、サウジで承認されたワクチン接種の完了が必要。WHOで承認され、サウジで未承認のワクチン接種者は、サウジ到着後サウジ承認ワクチンの追加接種の必要あり。
3 サウジ渡航者は、出発の72時間前までに「Muqeem」への登録が必要。

●(2021.09.15 現在)サウジ民間航空総局(GACA)は、入国が許可されている国からのサウジ入国要件、入国後の隔離期間の変更を発表。9月23日正午より、次の措置が適用されます。
 ・ワクチン未接種者、サウジで承認されたワクチン1回のみ接種者、WHOで承認されておらずサウジでも承認されていないワクチン接種完了者、またはWHOで承認されているがサウジでは承認されていないワクチン接種完了者:サウジへの渡航出発前72時間以内に検体を採取したPCR検査陰性証明書の提出が必要。入国後は、5日間の指定場所隔離要(入国後24時間以内及び5日目にPCR検査受検し、結果が陰性であれば外出可。また、検査予約等はタワッカルナー・アプリで管理される)。

(2021.08.02現在)7月30日サウジ観光省は、観光査証保持者の入国に関する新たな実施要領を発表したところ、概要以下のとおり。
(1)8月1日より、以下の条件を満たす者は隔離措置なしで入国できる。
 ア サウジ国内で承認されたワクチン(ファイザー、アストラゼネカ、モデルナ、J&J)を2回接種した者(J&Jは1回)、またはシノファーム並びにシノパック製のワクチンを2回接種し、サウジ国内で承認された上記4社製のワクチンいずれかを1回追加接種した者。
 イ 到着時におけるワクチン接種証明書の提示(渡航前72時間以内にMuqeemへの登録、タワッカルナー・アプリのダウンロード等も必要)
 ウ 渡航前72時間以内に行うPCR検査での陰性証明書の提示
※詳細については、次のサウジアラビア観光省英文サイトを参照  https://visa.visitsaudi.com/
●(2021.07.04現在)サウジアラビア入国関連最新情報:次の現地日本大使館サイトを参照。https://www.ksa.emb-japan.go.jp/files/100198973.pdf

●2021.06.18付 16日付当地報道は、内務省旅券局の発表を引用して、全ての外国人は、入国時審査の時間短縮のため、サウジ入国前にMuqeemからワクチン接種状況を登録する必要があると報じています。これにより、ワクチン接種者及び未接種者を問わず、サウジへの渡航出発72時間前までにMuqeemから登録が必要になりました(18歳以上)。
 日本を含む、入国停止対象国以外の国々からサウジアラビアに渡航する場合、当国の規制上、8歳以上の非サウジ人はPCR検査の陰性証明書を提出しない限り、航空会社は渡航者に搭乗を許可できません。
●10月12日よりサウジアラビアビザサービスセンターは一部業務を再開しました。
当面の間、申請時間・受領方法は以下の通りとなります。
申請時間月・水・木10:00~11:45(要予約)
申請条件:有効な招聘許可を所持し、2021年1月までに渡航する方。
※受領は郵送返却のみ。


【航空会社の運行状況】

中東・アフリカの運行状況

トルコ
Turkey

【入国制限】
https://townwifi.com/aftercorona/country/?code=131


【ビザ】

●6月1日のトルコ外務省(含む在京トルコ大使館)の発表によれば、6月1日以降、日本からトルコへ渡航する方は、「出国前72時間以内のPCR検査証明書」あるいは「出国前48時間以内の迅速抗原検査証明書」の提示が必要になったとのことです。
ただし、(1)渡航(トルコへの入国)14日前までにワクチン接種を終えた方、(2)入国前6か月以内に新型コロナウイルスに感染し完治した方で、公的機関が証明する文書をお持ちの方は上記証明書は不要となる由です。
●本件詳細については、以下の在東京トルコ大使館ホームページ(日本語)をご参照願います。
http://tokyo.be.mfa.gov.tr/Mission/ShowAnnouncement/384899
●なお、「出国前72時間以内のPCR検査証明書」、「出国前48時間以内の迅速抗原検査証明書」等の提示を行う場合においても、トルコ到着時に無作為のPCRのサンプル検査が行われる可能性があり、検査結果によっては、10日又は14日の隔離が求められる模様ですので、ご留意願います。 

●3/15よりトルコへの渡航者は、搭乗前の過去72時間以内に、政府が指定する入国フォームに入力する必要があります。
トルコ航空ツイッター(英文):https://twitter.com/TK_HelpDesk/status/1370354558300532739
入国フォーム(トルコ保健省ホームページ)(英文):http://register.health.gov.tr

●12月28日以降空路、また12月30日以降陸路で国外からトルコに入る渡航者全員は、72時間以内に実施されたPCR検査陰性結果を提示必須。提示しない場合、空路の場合は搭乗が認められず陸路の場合は国内滞在予定地で隔離。
※現地日本大使館に掲載の情報 https://www.tr.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00216.html
※トルコ航空での入国の場合、本件は12月30日搭乗分から適用との情報あり
(次のサイトの英文参照)https://www.turkishairlines.com/ja-jp/

・公共交通機関(飛行機、列車・電車、バスなど)を利用しての都市間移動の際HESコード(以下サイト参照)の事前取得が必須だが、HES CODE取得対象者はトルコ国籍所有者・トルコ旅券を保有者・トルコへの居住許可保持者。HESコードの最新の取得条件等は、各自確認する事。
https://www.turkishairlines.com/en-tr/
announcements/coronavirus-outbreak/hes-code/

・新型コロナウィルス感染拡大防止のため、外国人に課されていたトルコ共和国への入国制限が解除。従って有効なビザ保持者又はビザ免除の外国籍の方は、トルコへ渡航することが可能となる。第三国での乗り継ぎでトルコへ渡航することも可能。
・トルコに到着する全ての乗客は健康診断を受け、症状がある方はPCR検査へ。結果が陽性の場合は治療が必要だが、陰性の場合14日間の隔離は不要。
・空路でトルコに渡航する際には全員マスクを着用する必要あり。
・停止されていたビザ申請の受付再開。ビザ申請における全ての制限は解除。


【航空会社の運行状況】

中東・アフリカの運行状況

エジプト
Egypt
【入国制限】
https://townwifi.com/aftercorona/country/?code=43

【ビザ】

●(2021.06.21現在)エジプト入国に必要なCOVID19陰性証明へのQRコード記載について(以下6.16付の文章を参照)、エジプト政府から陰性証明発行機関の押印のみの場合も今後引き続き有効である旨説明あり。

現地日本大使館の関連サイト https://www.eg.emb-japan.go.jp/itpr_ja/r_covid19.html

●(2021.06.16付)エジプトに入国するエジプト人と外国人は出発地を問わず、6月18日からのエジプト入国に必要なCOVID19陰性証明書において個人を特定する情報、陰性証明内容などを含むQRコードの記載が必要となる。
※QRコードの記載のない陰性証明書を持ってエジプトに到着する場合、エジプトの空港で迅速検査(綿棒で検体を採取し、十数分で結果の出る検査)を行い、陰性の場合に入国できる。
  現地日本大使館の関連サイト https://www.eg.emb-japan.go.jp/itpr_ja/r_covid19.html

●エジプト入国に際しては、PCR検査による陰性証明書(英語又はアラビア語)が必要となりました。
検体採取日時は、エジプトに向かう航空便の出発予定時刻の96時間前までであること、認可された検査機関による押印、
綿棒を用いた拭い液による検体種別(咽頭部や鼻部など採取部位の別)、RT-PCR法による検査であること
その他、搭乗券受取前に指定の申告書への記入・提出が求められ、同申告では、エジプト滞在中に有効な医療保険への加入とその詳細の記入が求められる。
航空便、タクシーを含む公共交通機関への搭乗・乗車中はマスクの着用が義務付けられる。また、エジプト到着後、検温及び指定の調査票への記入・提出が求められる。
陰性証明や入国前後に関しての詳細情報は下記外務省HP参照。
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

○本件陰性証明は、エジプト到着時だけでなく、乗継地までの航空便へのチェックイン時や乗継地での搭乗時に利用航空会社により確認されます。従って、陰性証明の条件について利用航空会社に事前に確認が必要です。
○9月1日から、エジプト全土が対象であること、エジプト国籍を含む全入国者が対象ですが、6歳未満は同陰性証明が免除されます。


【航空会社の運行状況】

中東・アフリカの運行状況

ガーナ
Ghana
【入国制限】
https://townwifi.com/aftercorona/country/?code=56

【ビザ】

●4/29(木)、ガーナ外務・地域統合省は、ガーナ出入国時に有効と見なされる検査結果は、Trusted TravelまたはBIOMARSのコードが付されたものに限ると発表。その為に、trustedtravel.panabios.orgでのアカウント作成を呼びかけています。(ガーナ外務・地域統合省発表文)
https://www.facebook.com/MOHGhana/photos/a.430691360425999/1879919938836460/?type=3&theater

・詳細については、以下URLにてご確認いただき、アカウント作成を行ってください。
(Trustedtravel Panabios URL) https://trustedtravel.panabios.org/trusted-testing/signup/

・同発表の中で、ガーナ到着時、空港での新型コロナウイルス検査結果で陰性でも、10日間の自主隔離が勧奨。
・同発表の中で、新型コロナウイルス感染流行地域(Hot Spots)からの渡航者は、空港における新型コロナウイルス検査で陰性であった者でも、到着後3日目に、各自の負担により再度の検査の対象となる可能性があるともされています。
新型コロナウイルス感染流行地域(Hot Spots)に日本が含まれているのかは現在確認中です

●(2月2日付)Ghana Airports Company Limited(GACL)は航空会社に対し、乗客が搭乗前に出国72時間前以内のPCR陰性証明書及びコトカ空港到着時の新型コロナウイルス検査費用の事前オンライン支払い証明書携帯有無の確認を要求する新たな措置を発表。本措置は、当局の次のサイトによると2月8日に適用が開始される予定。
https://www.gacl.com.gh/guidlines-for-resumption-of-international-operations/

●(2020.01.31付)ガーナ入国時における新型コロナウイルス検査で陽性が判明した日本人を含む乗客(ガーナ国民を除く)の義務的な隔離治療費用は、乗客の自己負担とする。
https://www.gh.emb-japan.go.jp/files/100144374.pdf
●(2020.01.04現在)ガーナ入国時の最新検疫措置について:
https://www.gh.emb-japan.go.jp/files/100132970.pdf
●ガーナへ渡航するすべての者に、ガーナ入国前にオンラインで健康宣言書(Health Declaration Form)を記入することを求めています。
(健康宣言書の URL) (https://www.ghs-hdf.org/hdf/

●11/16(月)以降のガーナへの入国に際し、コトカ国際空港到着時に新型コロナウイルス検査受診が必要。その検査費用(150米ドル)はオンラインで事前払いの上、搭乗前にその領収書を航空会社に提示する事。
検査費用支払サイトhttps://myfrontierhealthcare.com

・査証申請受付再開。必要書類に追加書類は現時点で無(9/7時点)。
・3月22日(日)24時から実施されている人の移動を止めるための陸海空すべての国境封鎖措置に関し,9月1日(火)から『コトカ国際空港を再開』すると発表。ガーナに渡航するすべての乗客は,出発する予定時刻の72時間前以内の出発国の認定検査機関が発行する新型コロナウイルスに関する陰性結果証明を携帯しなければならない。詳細は外務省HPに有。なお,陸上及び海上の国境については,別途通知するまで引き続き封鎖するとも発表。


【航空会社の運行状況】

中東・アフリカの運行状況


ナイジェリア
Nigeria
【入国制限】
https://townwifi.com/aftercorona/country/?code=133

【ビザ】

●2021年10月25日午前0時1分以降、以下の検疫措置が適用。
(1)自主隔離免除の対象となるワクチン接種者(アストラゼネカ製、ファイザー製、モデルナ製のいずれかのワクチンを2回接種、又はこれを混合で接種した場合、又は ジョンソン&ジョンソン製のワクチンを1回接種)
(2)ワクチン接種完了者は、渡航前に登録する検疫ポータルサイトで入国2日後のPCR検査の予約と支払いが必要。また、ナイジェリア到着時には、ワクチン接種証明書(電子データ又は印刷したもの)を提示。
(3)ワクチン接種未完了の場合、これまでの入国後7日間の自主隔離及び入国7日後のPCR検査受検及び入国2日後のPCR検査受検が義務化。
(4)出発国で受検したPCR検査の陰性証明書(出発前72時間以内に検体を採取)、渡航前に登録する検疫ポータルサイトを通じて付与されるQRコード及び入国後のPCR検査経費を支払った旨の領収書は、出発時及びナイジェリア到着時に提示が必要なため、電子データ又は紙面で携行する事。本件の詳細は、次の現地政府発表英文HPをご参照下さい。https://www.ng.emb-japan.go.jp/RELEASE_OF_REVISED_INTERNATIONAL_TRAVEL_PROTOCOL_INTO_NIGERIA_PDF.pdf


【航空会社の運行状況】

中東・アフリカの運行状況

南アフリカ
South Africa

【入国制限】
https://townwifi.com/aftercorona/country/?code=236

【ビザ】

●(2021年11月12日付)11月8日から南アから日本への全ての入国者及び帰国者は入国時の検査で陰性と判定された場合、検疫所長の指定場所での待機及び入国後3日目の検査を求めない。入国後14日間の自宅等での待機は引き続き必要。入国に必要な書類(PCR陰性証明の情報等)の詳細及び入国に関する注意情報等につきましては、次の現地日本大使館HPをご参照下さい。https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=122860


【航空会社の運行状況】

中東・アフリカの運行状況

モザンビーク
Mozambique
【入国制限】
https://townwifi.com/aftercorona/country/?code=205

【ビザ】

●<12/01付>モザンビークへの渡航者は到着時、出発前72時間以内に出発国で実施したPCR陰性結果証明の提示が必須。なお、14日間の自主隔離は不要となった。(0歳~11歳の子供は陰性結果証明の提示義務なし)
詳細は次のサイトを参照:
https://www.mz.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00006.html
●モザンビーク政府は以下のとおり強化する旨発表。
・モザンビークへの入国査証の発給を停止し、すでに発給された査証を取り消す。
・新たな査証の発給停止は,短期査証(一次,数次)が対象。
・既に発給された査証の取り消しは,短期査証(一次,数次)の発給を受け,いまだモザンビークに入国していない方が対象(数次査証で入国後一度出国した場合、その査証は取り消される)。
・就労査証等の長期滞在査証を所持している方は取り消しの対象外(入国後14日間の自宅隔離が必要)。


【航空会社の運行状況】

中東・アフリカの運行状況

このページの先頭へ